Skip to content

低用量ピルについてのQ&A

今避妊方法というと、コンドームを思い出す人は大部分です。実は避妊ピルはコンドームより成功率が高いです。どうして日本には避妊ピルを使用して、避妊をする人はあまり多くないですか。私からみれば、低用量ピルについて、いろいろな誤解があります。ここで、Q&Aの方式でこの誤解を解答します。

Q.ピルを飲むとガンになりますか?
A.「子宮頸ガン」は女性にとって、恐ろしい病気です。ピルの服用によって抑えられるのは子宮体ガンになるという言い方はミスです。避妊ピルは子宮頸ガンに関しての関連性は明らかにはなっていません。逆に、長期間の服用によって子宮頸ガンのリスクが弱まります。

Q.ピルを使うと性病を予防できますか?
A.ピルは避妊の目的です。性病の感染が性器の接触です。ですから、避妊ピルは性病を防ぐことはできません。コンドームを使用することで、性病への感染率が弱まります。

Q.ピル服用中にこどもにおっぱいあげても平気ですか?
A.薬剤が母乳に混ざって赤ちゃんに移行するので控えるようにしてください。

Q.アフターピルはなんですか?
A.アフターピルとは、性交時において万一を想定して緊急時に避妊を行う事が出来る緊急避妊薬です。72時間以内にそれも出来る限り早く内服する事によって高い確率で避妊を行う事が出来るとされています。

Q.避妊ピルの避妊成功率は?
A.調査によると、コンドームの避妊成功率は80%です。避妊ピル避妊成功率はの98%以上です。

Q.アイピルはどんな避妊ピルですか?
A.アイピルはアフターピルの一つとして、非常に有名です。アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品です。新薬と同じ成分・製薬方法となっているため、効果や安全性は新薬と遜色ありません。アイピルの副作用として確認されているのは、頭痛や倦怠感、吐き気やめまいなどです。アイピルを服用することで高い避妊効果を得ることができますし、服用するタイミングが性行為を終えてから早ければ早いほどその効果は高まります。

Comments are Closed on this Post